清瀬市役所新庁舎の完成で、ミツバチもお引っ越し

皆さんにお馴染みのキヨハチ(清瀬市の蜂蜜)は、市の特産品として人気です。

また、キヨハチを使用したマドレーヌ、ジェラード、オイルなども、好評です。ふるさと納税の返礼品としても使われ、清瀬市の収入にも貢献しています。

市役所の屋上でかねてから職員により養蜂作業が行われていますが、人知れずご苦労もあるとのことです。

以前、花を求めて農家の果樹園にミツバチの大群が集まってしまったことがありました。驚いた果樹園の方から「駆除していただきたい。」との通報があり、慌てて担当者が巣箱持参で回収。無事にミツバチを巣箱に収めることができたとのことです。

新庁舎は、隣接した建物への移転ではありましたが、ミツバチが迷子にならないように、まずは遠方へ移してから新庁舎に移動させるなど、工夫があったそうです。

開庁日に屋上へ移動した養蜂場を訪ねました。

下の写真は、ミツバチがちょうど新しい女王蜂のために活発な活動中(分蜂時)でしたので、安全のため、遠くからシャッターを切りました。

これから暑くなる季節、ミツバチも担当の職員さんの奮闘もひとしおと思われますが、今年もおいしい蜂蜜、楽しみにしたいと思います。

(東京清瀬市ミツバチプロジェクト)清瀬市役所産はちみつkiyohachiは

清瀬市HPからご覧いただけます。

 

 

おすすめ記事